教育・保育施設、地域型保育の保育料の減免

[概要]

国は、多子世帯の保育料の軽減として、保育所、幼稚園、認定こども園及び小規模保育所(以下、「保育所など」といいます。)などをきょうだいで利用する場合、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料となるよう減免しています。
このほか、鹿嶋市独自の制度として、児童の保護者が中学3年生以下の児童を3人以上養育している場合の3人目以降のお子さんが保育所などを利用する場合、保育料が無料となります。(詳しくは、こども福祉課までお問い合わせください。)

[支給内容]

・1号認定(幼稚園など)では、年少から小学校3年生までの範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもを第1子、その下の子を第2子とカウントします。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。

・2号認定(保育所など)では、小学校就学前の範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもを第1子、その下の子を第2子とカウントします。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。

[対象者]

上記、支給内容のとおりです。

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[申請期限]

随時
詳しくは、こども福祉課までお問い合わせください。

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく